アタカマ砂漠

チリ

アタカマ砂漠

(C) Latino(転用不可)

標高2,436メートルにあるサンペドロ・デ・アタカマは、まるで月面のような「月の谷」や砂漠の中のオアシスのようないくつもの湖、世界第2位の規模のアタカマ塩湖や世界最高所にある間欠泉があり、大自然が織りなす絶景は年間を通じ数多くの観光客が訪れるチリ北部を代表する人気の観光スポットとなっています。
また、年間を通して殆ど雨が降らず空気が澄んでいることから世界一キレイな星や、電波望遠鏡アルマ展望台でも有名です。

観光スポット Q&A
  • ベストシーズンはいつ?

    年間最高気温は20℃前後と過ごしやすく通年訪問できますが、秋から冬の時期(6~9月)は朝晩の冷え込みがきつく、最低気温は氷点下にまで下がることがあるので注意が必要です。

  • 何を着ていけばいいの?必要な持ち物、あると便利な持ち物は?

    北部の砂漠地帯は年間を通じて降水量が少なめですが、1日の寒暖の差が激しく、昼間は40℃以上の日でも、朝晩には0℃程度にまで下がることもありますので、防寒具も含め重ね着で調整しやすい服装が良いでしょう。

  • 交通手段は?アクセスは?

    首都サンティアゴより空路で玄関口となるカラマへ移動(約2時間)。カラマからは陸路で1時間前後でサンペドロデアタカマに入ります。約30分で「月の谷」などアタカマ砂漠を代表するスポットへたどり着けます。

  • 歩くところはどれくらい?

    「月の谷」やアタカマ塩湖、タティオ間欠泉など、いずれも車両下車ポイントからエリア内へは徒歩で巡ることになります。それなりの徒歩移動が伴うことを踏まえておくと良いでしょう。

  • トイレ事情はどうでしょうか?

    各観光スポットの管理事務所に常設トイレがあります。

  • その他、補足・注意事項はありますか?

    標高2,300メートル越えるため、高山病になる方も若干数いらっしゃいます。ゆとりのある日程での訪問がおすすめです。

周辺マップ

近郊主要都市:カラマ

アクセス:カラマからサンペドロデアタカマまで陸路で1時間前後

ニュース / トピックスNEWS / TOPICS

2018/12/03
アメリカ大陸記憶に刻まれる風景30選ホームページ公開しました