ウユニ塩湖

ボリビア

ウユニ塩湖

(C) Latino (転用不可)

ボリビア中央西部アルティプラーノと呼ばれるアンデス高地にある塩の大地。標高3,760メートルにあり、南北約100キロ、東西約250キロ、面積約12,000平方キロメートルにおよぶ広大な塩原です。秋田県とほぼ同じ大きさで、見渡す限り広がる真っ白な塩の大地が最大の魅力となっています。
雨季には湖面が一面鏡の世界となり幻想的な世界が広がり、乾季には一面乾ききった真っ白な大地と青空のコントラストが広がり、年間を通じ塩湖の絶景が楽しめます。

観光スポット Q&A
  • ベストシーズンはいつ?

    大きく分けて雨季(11月下旬~4月中旬)と乾季(5月~11月初旬)に分かれますが、人気が高いベストシーズンは雨季の中旬以降湖面に水の張った情景の期待できる2月~3月です。 その反面、湖面に水がたまっているため車両での移動が困難となる場合があり、塩湖中心部にあるインカワシ島からの眺望を楽しむには乾季の訪問が望ましいでしょう。欧米からの訪問者には、天候が安定する乾季が人気です。

  • 何を着ていけばいいの?必要な持ち物、あると便利な持ち物は?

    「アルティプラノ」と呼ばれるアンデス高地に位置するため、年間を通じ日中と朝晩の寒暖の差が激しい気候です。塩湖上は広大な平原のため、風をよけるものが無く体感温度はさらに下がりますので、防寒具の準備は必携です。 特に現地の冬にあたる7~10月前後は、最低気温が氷点下となることもあるので耳あてや手袋、フェイスマスクなどもあると良いでしょう。

  • 交通手段は?アクセスは?

    近年、ウユニ空港の完成以降、ボリビアの玄関口となるラパスやサンタクルスより空路でのアクセスが可能となり空路でのアクセスが一般的ですが、近年は陸路の路面状況も整備され、乾季であればラパスより7~8時間でアクセスできます。

  • 歩くところはどれくらい?

    ウユニ塩湖上に宿泊設備はありません。原則として四輪駆動でホテルより塩湖上へ繰り出すため、徒歩による移動はありません。乾季は塩湖中央付近にあるインカワシ島へ上陸し、頂上より塩湖の展望が楽しめます。頂上までは30分程度です。

  • トイレ事情はどうでしょうか?

    環境保全のため、塩湖上にトイレはありません。インカワシ島横のレストランのトイレ、または湖畔のホテルや民芸品のトイレを利用します。

  • その他、補足・注意事項はありますか?

    雨季の鏡の世界を求めて訪問する際には、その年の天候状況により情景が異なるので注意が必要です。
    雨季以外の時期でも部分的に水の残っている箇所は存在しますが、一面鏡の世界を求めて訪問する場合は事前にその年の天候状況などを確認した上での訪問をおすすめします。例年2月から3月前後がベストシーズンとなり、塩湖近くの塩のホテルは半年以上前から混み合ってきますので、手配はお早目に!

周辺マップ

近郊主要都市:ラパスやサンタクルスなど

アクセス:上記都市より空路、もしくはラパスより陸路で7~8時間

ニュース / トピックスNEWS / TOPICS

2018/12/03
アメリカ大陸記憶に刻まれる風景30選ホームページ公開しました