セノーテ・イキル

メキシコ

セノーテ・イキル

(C) メキシコ観光局 (転用不可)

古代マヤ文明の都市遺跡チチェン・イッツァの近くに位置するセノーテ・イキルは、古の時代より信仰の対象とされていました。透明度は100メートルとも言われ、その美しさから神秘の泉とも呼ばれています。
このセノーテでは泳ぐこともできるので、せっかく日本から来たのであれば泳ぐも良し!幻想的な写真を撮るも良し!! リラックスしながら、その美しさを堪能したい場所です。

観光スポット Q&A
  • ベストシーズンはいつ?

    セノーテの透明度は一般的に朝の方が美しいと言われています(観光客の方が泳ぐことで徐々に透明度が下がるそうです)。そのため泳ぎ目的ではなく、セノーテの中でも特に美しいとされるこのセノーテ・イキルを目で堪能するのであれば、朝訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

  • 何を着ていけばいいの?必要な持ち物、あると便利な持ち物は?

    泳がないつもりで行っても、実際のセノーテの神秘さを肌で感じた時、やはり泳ぎたい!という衝動に駆られる可能性がありますので、念のため水着の持参をおすすめします。また、一緒にタオルやビーチサンダルもあると良いでしょう。泳いだ後は冷えるかもしれないので、羽織るものも忘れずに。

  • 交通手段は?アクセスは?

    世界遺産の古代マヤの都市遺跡チチェン・イッツァから車で30分ほど。

  • 歩くところはどれくらい?

    セノーテは、車を降りてすぐのところにあります。セノーテは地下にできた泉のため、階段の上り下りで多少歩く程度です。

  • トイレ事情はどうでしょうか?

    トイレや着替えができる場所も完備されている他、ライフジャケットのレンタルもあります。

  • その他、補足・注意事項はありますか?

    地底にできた泉なので、階段を上り下りする際には滑らないよう、焦らずゆっくり歩きましょう。

周辺マップ

近郊主要都市:チチェン・イッツァ

アクセス:チチェン・イッツァから車で30分ほど

ニュース / トピックスNEWS / TOPICS

2018/12/03
アメリカ大陸記憶に刻まれる風景30選ホームページ公開しました