2016-2018 韓国訪問の年

2016-2018 韓国訪問の年

2015年は、訪日外国人旅行者数が1970年以来45年振りに海外旅行者数を上回る歴史的な年となりました。一方、海外旅行は、1620万人台と2012年の1850万人をピークに減少、同様に韓国も2015年は約180万人と最盛期(350万人/2012年)のほぼ半減となっております。

2016年、韓国訪問委員会(朴三求/パク・サムグ委員長)が2018年の平昌オリンピックに向け、2016~2018年までの3ヵ年を韓国訪問の年(VISIT KOREA YEAR)として、「世界の人々が再び訪れたいコリア」をテーマに掲げ、キャンペーン事業を展開致します。

JATAとしては、この取組みと連動し、日韓の新しい素材の提案を促進し、マーケットの活性化を図り、韓国の需要回復・拡大に努め、物から事への付加価値創造型の新しいツーリズムを提案しながら、次の50年にむけて業界とともに取り組んで参ります。

日韓観光交流促進部会 部会長よりご挨拶

2015年は日韓国交正常化50周年の記念事業として、プロジェクトチームを発足し、50周年共通ロゴ、専用HPの製作等PR活動、韓国観光公社をはじめ地方自治体と連携し、共通イベント(22事業)を策定のうえ、商品展開を図り、業界を挙げて、韓国の需要喚起・回復・拡大に努めて参りましたが、5月に発生したMERSの影響により、残念ながら韓国の需要回復までには至りませんでした。

JATAは2016年を『海外旅行の復活の年』として需要喚起、市場創造に取り組んで参りますが、その大票田の韓国の需要回復・拡大は喫緊の課題であり、海外旅行の復活の試金石でもあります。

2016年、韓国観光交流促進部会として部会を一新し、50周年記念事業の理念は継承しつつ、2018年の平昌オリンピック、地方への需要創出に向けた取組み等を通じて、揺るぎない日韓関係の礎の構築と観光交流の継続的・安定的推進を図るため、真摯に取り組んで参ります。

藤田部会長
(JATA海外旅行推進副委員長)

日本旅行業協会ロゴ

ニュース&トピックスの紹介

「2016-2018 韓国訪問の年(VISIT KOREA YEAR)」ロゴマーク

VISIT KOREA YEARロゴ

K-Smileロゴ

ご利用は韓国旅行商品に限らせていただきます。(商品パンフ、web商品ページなど)
ご利用いただきましたら、PDFを添えてJATAへご報告をお願いいたします。

ロゴマークの使用申請はこちらから新しいタブまたはウィンドウで開きます

プロジェクトメンバー