極東ロシアへ行こう
TOP
視察レポート
極東ロシアとは
極東ロシアとは
極東ロシア
極東ロシア(きょくとうロシア、英語: Russian Far East、ロシア語: Дальний Восток России、IPA: [ˈdalʲnʲɪj vɐˈstok rɐˈsʲii])は、ロシア連邦の内、極東に分類される地域を表す用語である。極東ロシアには東シベリア(ロシア語版)のバイカル湖から太平洋に接する地域までの範囲が含まれ、日本からは2-3時間で行ける身近なヨーロッパとして近年注目を集め始めている地域である。

主な都市と人口

主な都市と人口
主な都市と人口
東京から2時間半でヨーロッパの雰囲気を味わえる極東ロシア。日本からロシア方面へのフライトは残念ながら今はそれほど多くはありませんが、ビザ発給要件緩和なども踏まえ、今後増えていくことが期待されています。

■東京〜極東ロシア方面への飛行便 <成田空港〜ウラジオストク空港/成田空港〜ハバロフスク>

▼直行便
S7航空
アエロフロート・ロシア航空
日本航空

▼乗り継ぎ便
大韓航空
アシアナ航空

その他、チャーター便での運行もあります。

気候

極東ロシアへの旅行は、過ごしやすい夏がお勧めです。冬の寒さを連想し、夏は涼しいと思われがちですが、意外に暑く、昼と夜の気温差も激しいため、羽織るものを持っていくことをお勧めします。
冬季は、氷点下の気温となるため、しっかりとした防寒対策が必要です。
気温

治安

極東ロシアだけ特別に治安が悪いといったことはありませんが、一般的に海外旅行で注意すべき「夜の独り歩きは避ける」「小道など人通りの少ないところには行かない」などに気をつけて行動することをお勧めします。

言語

ロシア語 ※英語はあまり通じません。

沿海地方観光インフォメーションセンター
沿海地方観光インフォメーションセンターとは?
2014年にオープンした独立非営利法人で、沿海地方とウラジオストク市の観光資源および観光プランなどについての情報を、一つの情報空間に集め共有する目的で創設されました。
ここでは沿海地方やウラジオストク市の文化的史跡、ユニークな自然を味わえる場所、ツアーコース、交通案内、宿泊先、文化・スポーツイベントなどについての情報やコンサルティングが得られます。英語と中国語に対応しています。
また、観光インフォメーションセンターは沿海地方を、外国人観光客だけでなくロシア人観光客に対してもアピールし、フォーラム、円卓会議、セミナー、様々なイベントなどを開催するほか、沿海地方観光の人気やプラスイメージを高め、同地方をもっと知ってもらうためのプロジェクトを企画しています。

協力先:国の関係機関、観光会社、ホテルやレストラン、自然保護地区や国立公園、極東連邦大学、ウラジオストク経済サービス大学、ロシア各地の観光インフォメーションセンターなど。

沿海地方観光インフォメーションセンターへのリンク

TOP